2011年07月19日

飛び出したい、違う世界へ。

angee110704.jpg

何かが違う。


何故、自分を押し殺している方が、社会に通ずるのか?

自分を押し殺して、社会に評価される生き方の方がいいのか?

と、高校生の頃の私は、

結構まじめに、そう考えていた。



親、親族、親戚、友達、先生、周囲からの評価、視線。

そんなのを軸に据えておいて生きる生き方なんて、

私にはごめんだ。




一刻も早く、ここから出たい。


早く、違う世界に飛び出したい。



実家を離れ上京した私は、毎日が楽しくて仕方なかった。


(家族が嫌いなわけでは決してない。
 家族の事は今も変わらず大好きだ。)



東京に来て、同じバンドが好きな友達ができて、
始めてライブハウスに行った。
(まだ明確に覚えている。新宿アンチノックだった笑)


同じ音楽が好き、同じファッションが好きなだけで、
これまでの私のこと・思いを全部理解してくれる!
心の幼馴染ができた!

そんな感覚があり、たまらず嬉しかった。

どんどん音楽やファッション繋がりで数珠繋がりのように
友達ができていく、いろんな人と交流していく。

これが楽しくって、声がかかればかかるだけ遊びにでかけていた。
今日はどんな出会いがあるのだろう?とワクワクだった。


私は理想どおりの生活を手に入れた!
と、毎日毎日おおはしゃぎしていた。

多分、うるさかった、と思う。はしゃぎ過ぎて。

いや、絶対うるさかった。笑。




今、振り返ると。

このときの私の
「こんな世の中ごめんだ。」
という感覚は、ある意味あっていたと思う。

ただ、そのおかしさを変化させよう、
というベクトルが内向き(内的なこと)ではなく、外向きだったので
結局は何もかわらなかったのだけど。



みんなのなかにも、
「何か、おかしくない?」という感覚があるのではないだろうか。


蓮さんのブロク記事を思い出した。

-dozen/Ren blog----------------
何かがおかしい
http://ryu-and-ren.seesaa.net/article/38151475.html

(抜粋)
わたしは物心ついた頃からなにかおかしい
なにか変だとずっと感じてきた。

わたしはずっとこの世界や大人たちが理不尽でならなかった。

答えがほしかった。
答えを見つけたくて見つけたくてしかたがなかった。

いったいここは・・・なに!?

霊的自己探求なんて言葉も知らなかった10代。
精神世界もスピリチュアルもまったく知らなかった10代。

けれどわたしはその頃から明確に、何かを探し始めた自分を覚えている。
-------------------------------


誰しもが探究者であると思う。
ただ、「何かおかしい」を探究するか、しないか。
その差だけだと思う。



私もまだまだ探究中。
これからもっともっと知っていくのだ。探していくのだ。



かわいいcommunication shipで自分を知る・自分を大切にすことを体験したい方は↓こちら↓から☆
mail toangeeにメール お気軽にどうぞ^^(女性のみ)
http://form1.fc2.com/form/?id=458003
ハート自己探究の入り口 コミュニケーションシップ
http://angie-sarch-peace.seesaa.net/article/126934791.html

air_rank.gif
精神世界ランキング

愛の拡大のため、クリックよろしくお願いいたします♪

ぴかぴか(新しい)dozen/Ren http://ryu-and-ren.seesaa.net/
ぴかぴか(新しい)Love Spiritual Peace http://lovespeace-ashram.seesaa.net/
【関連する記事】
posted by angee at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | angeeのあしあと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。