2009年08月19日

自然療法と自己探究


img_i11.jpg

*Photo angie*
WILD ST. JOHN'S WORT / @ HOKKAIDO


自然療法と自己探究は似ているな。

と、私は思う。

どちらも、内からじゃないと、変われない。



ある自然療法の先生が言っていた。

体なんて、内側が変わらないと、変わらないんだから。
だから、体を緩める事によって心が緩むってことを体験していく。
 体が緩むと心がこんなに楽なんだって知って、心を緩ませる事を知っていく。」

スパに行ってリラックスして体をゆるゆるにしても、
次の日、嫌なことがあったり受け入れたくないことがあると、すぐに体は凝ったりする。
本当に正直だ。


で、自然療法ってそもそも何?って事なのだけど。
いろんな見解があるし、定義はないと思う。
私が思うに「添加物を取らない」「玄米菜食主義」をすることが自然療法ではなく、
自分の体を良く知り、自分にあった方法で体を大切にする事

例えばアロマテラピー=芳香療法。
いくら効能が言われていても、その人が嫌いな香りだったら効能はない。
 「これは南国を思わせ、気持ちが高揚する香りです」と言われていても、香った本人が好みでないなら、気持ちは高揚しないし、ちっとも南国を感じない。
 自分の感覚が全てだ。


こないだ、とある自然派の石鹸屋さんに買い物に行った。
店員さんと、あれこれ話したのだが「結局は、食事だ」という話になり、笑った。
「あれ?スキンケアの話をしてなかったでしたっけ?」っと(笑)

体の中がキレイでないと、いくら良いものを使っても吸収しきれない。
必須栄養素・ミネラルをしっかりとることに尽きますね、って話になった。


 結局、やっぱり、どうしたって(笑)内からなんだな。

 って思った今日のこの頃でした。

posted by angee at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己探究+自然療法日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。